内航不定期航路事業とは

船の運航はなによりも安全が第一です。
しかし意外と知られていないのが、国土交通省への届け出です。お客様に乗船して頂き、海洋散骨を行う場合は、国土交通省に旅客不定期航路事業(13名以上の旅客定員を有する船舶)
または人の運送をする内航不定期航路事業(旅客定員が12名以下の船舶)の届け出をしなければなりません。届け出を行わず業務を行った場合は、違法操業となり100万円以下の罰金(内航不定期航路事業の場合)が課されます。内航不定期航路事業の届け出するにあたり、旅客1人につき保険金が、3,000万円以上船客損害賠償責任保険の加入が義務付けられています。また、認可を受けた船舶を操船するには、「小型旅客安全講習」の受講が必要です。
受講済の場合は、免許証に「特定」と記載されています。届け出をしていないと、万が一の事故などが発生した場合などは、保険が適用されないなどのトラブルが発生する可能性があります。
このようなトラブルを未然に防ぐ為にも、事前に届け出の有無を確認して頂くことをお勧め致します。LifeTogetherでは、内航不定期航路事業届け
国土交通省の関東運輸局へ届け出済みです。

特定操縦免許安全講習

「特定操縦免許」とは、客船や遊漁船等人の運送をする小型船舶の船⻑になろうとする⽅に必要な資格です。
『小型旅客安全講習』を受講する必要があります。
講習は、海難発生時における措置や、救命設備等に関する内容が中心です。

内航不定期航路届出をする際にも、必須です。
LifeTogetherでは、2名取得済です。

船客損害賠償責任保険保険金額

内航不定期航路の届け出にあたり、旅客1人につき保険金が、3,000万円以上船客損害賠償責任保険の加入が義務付けられています。
LifeTogetherでは、一人につき3,000万円以上の保険に加入しております。

国土交通省関東運輸局 東京運輸支局 (内航不定期航路事業届け出先)

LifeTogetherは、内航不定期航路事業の届け出を、国土交通省関東運輸局東京運輸支局へ届け出しております。

LifeTogetherの東京湾散骨

LifeTogetherについて

お申込みはこちら

お問合せはこちら

よくある質問はこちら