『墓じまい』とは

墓じまいとは、後継者がいない、遠方でお参りにいけない、など様々な理由により、お墓を維持し続けることが
できないときに、お墓を更地にし、お寺や墓地の管理者に敷地を返すことを言います。
最近は、墓じまいを行った後に、散骨を希望される方が増えています。

『墓じまい』して散骨を行うまでの手順

① 族や親戚に墓じまいの同意を得る
お墓の管理者であったとしても、勝手に決めてしまうとトラブルになる可能性が高いです。
必ず、事前に相談し合意を得てから進めましょう。
② 墓地の管理者に連絡する
親族へ相談する同じタイミングで、お寺やお墓の管理者にも墓じまいする旨を連絡しておきます。
親族の同意がとれたタイミングで、改めて墓じまいを申し出ます。
埋葬(納骨)証明書の発行も依頼します。
③ 改葬許可申請手続きを行う
墓じまいのあと、散骨を行うには、改葬許可申請手続きが必要です。
下記書類を、現在墓地のある役場に提出すると、『改葬許可証』が発行されます。
この書類は、散骨を行う際に必要な書類です。〇改葬許可申請書:墓地のある市区町村の役場で入手
〇埋葬(納骨)証明書:現在の墓地の管理者が発行
④ 石材店の選定
お墓の環境により、費用がかさむ可能性があります。
1社ではなく、複数社に見積りをとるなどし、選定します。
⑤ 墓の撤去作業
お墓の魂抜きを行ってから、撤去作業を開始します。
⑥ 散骨
墓じまいが完了したタイミングで、散骨の申し込みを行います。

『墓じまい』の費用

単純にお墓の撤去費用だけではなく、その他お寺に払う費用が発生します。
離檀料やお布施は、お寺により異なりますので、事前にお問合せしてください。

支払先 費用 備考
お布施(魂抜き) お寺 2-5万円 ※お寺により異なりますので、事前に問合せしてください
離檀料 お寺 3-15万円 ※お寺により異なりますので、事前に問合せしてください
お墓の撤去作業 石材店 10-30万円 ※お墓の設置場所や施行条件が悪ければ、金額は上がります。
15-50万円

『墓じまい』で注意すべき点

■親族の同意
一番多いのが親族間でのトラブルです。
勝手に進めてしまうと、あとでトラブルが発生する可能性がかなり高いです。
トラブルを避けるためにも、親族間で丁寧に話し合う必要があります。

■お寺や墓地の管理者の同意
事前に連絡せずに決定事項として、墓じまいを進めてしまうと、お寺から高額な離檀料が請求され
るなど、トラブルが発生するケースがあります。
事前に寺院に相談するなどできるだけ丁寧な説明を心がけましょう。

LifeTogetherについて

お申込みはこちら

お問合せはこちら

よくある質問はこちら