お客様から頂いたお問合せの回答集です。ご活用ください。
こちらに掲載されていない内容に関しましては、お問合せフォームよりお問い合わせください。

お申込みに関して

申込み手続きは、どうすればよいですか?
弊社HPからお申込みして頂きます。
青森だけど申込みできますか?東京に行かないといけないのですか?
北海道から沖縄まで全国対応しています。わざわざお越し頂かなくても結構です。
ご遺骨は、ゆうパックにて弊社に発送して頂きますので、どこにお住まいでも問題ありません。
到着したご遺骨は、粉骨後、東京湾か森林へ自然散骨致します。ご安心ください。
事前に用意しておく書類はありますか?
お申込み者の本人確認書類(免許証等)と埋葬(火葬)許可証の写しが必要です。
埋葬済のご遺骨の場合は、ご遺骨の状態がよければお受付可能です。
その場合は、改葬許可証(写し)をご用意ください。
埋葬許可証を紛失してしまいました。どうすればよいですか?
もし見つからない場合は、一度骨壺の中を確認してください。
それでも見つからない場合は、再発行手続きが必要です。
再発行手続きは、発行してもらった役所に行き手続きしてください。
再発行手続きが行えるのは、死亡届を市役所に届けた人か、故人様の直系親族、または祭祀継承者のみです。
申請者の本人を確認するための資料と認印が必要です。
死亡届を提出した以外の人が申請する場合には、
亡くなった人との関係性が分かる書面などを用意する必要があるので、ご注意ください。郵送での再発行も対応してもらえます。
郵送希望の場合は、役所に事前に電話で確認して頂くことをお勧めします。
火葬許可証は『埋葬』という言葉は含まれていませんが、問題ないでしょうか。
自治体によって、記載方法が異なります。事前に許可証を撮影して頂きメールで送って頂ければ確認致します。
お墓にあった遺骨は受け付けないということですが、お寺の建物の中で預かっていただいたものでもだめでしょうか?
お墓(土の中)に入っていなければ、問題ございません。
お墓に入っていた場合、遺骨が水分を含んでしまう為、粉骨時に大変手間と時間がかかります。
しかしご遺骨の状態がよければお受付可能です。埋葬済のご遺骨の場合は、事前に連絡お願い致します。
申し込みは火葬後何カ月までとか、何年までとかの期限がありますか。
火葬後の期限は設けておりません。
火葬許可証を確認するために、骨箱の中を確認したところ、骨壺はなく骨箱にそのまま遺骨が入っていました。
この状態で申込みできますか?
地域によっては、火葬場で焼骨したあとに骨壺にいれずそのまま木箱に納骨する習慣があるようです。
骨蕾がなくても問題ございません。申込み可能です。
骨壺に入っている骨の色が、白ではなく、一部青色に変色しています。問題ありますか?
衣類等の副葬品の色が付着している可能性があります。問題ございません。
自然散骨を希望しています。父と伯父の二体分なのですが、申し込は一体づつでしょうか?
お手間かけますが、申込みは一体づつとなります。
骨箱の大きさが約24cm×24cm×30cmくらいなのですが、対応範囲内でしょうか。
対応範囲内です。骨壺は最大8寸まで対応致します。
宗教・宗派などで制限はありますか?
宗教・宗派問わず、散骨致します。
お墓や納骨堂に納めている遺骨の一部だけを散骨したいのですが、問題ないでしょうか?
問題ございません。弊社から発送される送骨セットに、散骨したい分のご遺骨を入れて返送ください。
散骨を希望される方は、どのような方が多いのでしょうか。
皆さまそれぞれの事情があります。代表的なものは下記です。
・経済的に、お墓の維持が難しい
・お墓を守る親族がいない
・生前に散骨を希望していたので、故人の意思を尊重したい
・お墓ではなく、自然に還したい
・遺骨をずっと自宅で保管してきたが、転居を機になんとかしたい

よくある質問TOPに戻る

お支払いに関して

お支払はどうすればよいですか?
お支払い方法は、≪クレジットカード決済≫、≪銀行振込≫、≪代金引換(代引き)≫の3通りございます。
お申込み時にご選択頂けます。
支払いは、どのタイミングで行うのですか?
お支払い方法により異なります。
銀行振込やクレジットカードを選択された場合は、弊社HPからお申込み頂いた後に、メールでご案内致します。
代引きを選択された場合は、弊社HPからお申込み頂いた後に、送骨専用梱包セット(代金引換ゆうパック(代引手数料弊社負担))を発送致します。送骨セット到着時に現金でお支払いください。
代引きを希望した場合、代引きの手数料はどうなるのですか?
代引き手数料は、弊社が負担します。
ご安心ください。

よくある質問TOPに戻る

領収書に関して

領収書は発行できますか?
発行できます。但し書きは、【故人様のお名前・葬祭代金として】を記載します。
葬祭費用給付金制度を活用する際には、故人様のお名前の記載と葬祭代金としての記載が必須になります。
領収書の宛名はどうなりますか?
宛名は、申込み者の方のお名前で記載致します。

よくある質問TOPに戻る

送料に関して

送料はどうなりますか?
郵便局のゆうパックで発送致します。お客様が負担する送料はございません。
1)弊社より送骨専用梱包セットをゆうパックにて発送致します。(送料弊社負担)
2)送骨専用梱包セットを使用し、ご遺骨と必要書類(本人確認書類や同意書等)をゆうパックにて発送(日本橋郵便局留*理由)して頂きます。(送料弊社負担)
3)一部ご遺骨を返送希望の方には、郵送致します。(送料弊社負担)

よくある質問TOPに戻る

送骨に関して

送骨専用梱包セットではなく、こちらで先に送りたいが可能ですか?
お申込み時にご連絡(問い合わせフォームより)頂ければ幸いです。ご清算後であれば、弊社宛に送って頂くこと は可能です。ゆうパックにて発送お願いします。
送骨専用梱包セットは、申し込み後何日くらいで送られてきますか?
ご精算後、速やかに送骨専用梱包セットを発送致します。
代引き(現金払い)を選択された場合は、弊社HPからお申込み頂いた後に、速やかに送骨専用梱包セット(代金引換ゆうパック(代引手数料弊社負担))を発送致します。
送骨専用梱包セットを送り返すのに時間がかかりそうです。事前に連絡すれば待ってもらえますか?
はい、お待ち致します。事前にご連絡頂ければ幸いです。
遺骨を送る際に、きちんと届くか心配です。大丈夫ですか?
LifeTogetherでは、日本橋郵便局にて、ご遺骨を受け取ります。
大切なご遺骨を確実にお受け取りする為、郵便局留めにしております。
郵便局留めにすることで、紛失などの不着トラブルが防げます。
弊社名義宛に局留送付したご遺骨は、受け取りの際、日本橋郵便局から本人確認として、弊社社員証と運転免許証の提示を求められます。
確実に弊社の人間が受け取る仕組みになっています。ご安心ください。
郵パック以外で発送してもよいでしょうか?
遺骨の発送を取り扱っている業者は、日本郵便の郵パックのみです。
その他業者は、遺骨を発送することはできません。

よくある質問TOPに戻る

キャンセルに関して

キャンセルできますか?
申込依頼後、2週間以上、ご遺骨が弊社に到着しない場合は、キャンセル扱いとします。
キャンセル時の返金は、送骨キット1,500円と送料1,000円の合計2,500円の実費を差引きまして速やかに返金致します。
粉骨後のキャンセルはできません。

よくある質問TOPに戻る

LifeTogetherに関して

LifeTogether(39,800円税抜)には何が含まれているのですか?
含まれるものは下記です。
・自然粉骨:手元供養する為に、まずご遺骨をパウダー化(粉骨)致します。
・一部ご遺骨の発送:一部ご遺骨を返送希望の方には、郵送致します。(送料弊社負担)
自然散骨:残ったご遺骨は、自然散骨致します。自然散骨は、森林自然散骨または自社運用船による東京湾散骨のいずれか選択できます。
39,800円(税抜)以外で発生する費用はありますか?
追加で発生する費用はございません。
LifeTogether(39,800円税抜)は、安いけど大丈夫なんですか?
Life Togetherは、サービス品質の向上と散骨をしっかりとした祭祀として捉え活動していく為に、『5つのPromise(約束)』を設け、順守しております。
約束1 自然への約束
約束2 社会への約束
約束3 故人様への約束
約束4 御遺族への約束
約束5 自社サービスへの約束詳細はこちらで確認できます。

よくある質問TOPに戻る

手元供養について

遺骨を全て手放すのは不安です。手元供養分の遺骨はもらえますか?
一部ご遺骨を返送希望の方には、郵送致します。(送料弊社負担)
皆様の好きな場所に、好きな容器に入れて手元供養ができます。
手元供養用の遺骨を送付する住所は指定できますか?
申込フォームの『ご遺骨安置先住所』でその他を選択して頂き、住所を入力してください。
その住所宛に発送致します。
遺骨を自宅で保管することは、法律違反なのですか?
自宅で保管することは、法律違反ではありません。
遺骨を自宅の庭や他人の所有地に埋葬してしまうと、法律違反になります。

よくある質問TOPに戻る

自然粉骨について

遺骨送付先住所が【日本橋郵便局留】になっていますが、なぜですか?
大切なご遺骨を確実にお受け取りする為、郵便局留めにしております。
郵便局留めにすることで、紛失などの不着トラブルが防げます。
弊社名義宛に局留送付したご遺骨は、受け取りの際、日本橋郵便局から本人確認として、弊社社員証と運転免許証の提示を求められます。
確実に弊社の人間が受け取る仕組みになっています。
※粉骨場所の詳細は、申込みを頂いた後、開示致します。
遺骨を持ち込むことはできますか?
持ち込みはお断りしています。理由は弊社側の事情です。
自然粉骨から自然散骨(代理)を39,800円で値上げなく維持するために、運営体制を極力スムーズでミニマムに運営をしたいと考えています。
勝手な都合で恐縮ですが持ち込み・立ち合い説明をする時間を惜しみたいのです。
その分、しっかり自然粉骨自然散骨の直接作業に丁寧に向き合いたいと考えています。
郵送に抵抗がある方には、弊社提携の専門運送会社が引き取りに伺うサービスもあります。
問い合わせフォームよりご相談ください。
粉骨に立ち会うことはできますか?
立会い粉骨は実施しておりません。
骨壺のサイズによって費用は変わりますか?
費用は変わりません。8寸まで一律料金です。
お手元の骨壺のサイズが、何寸かわからない方も多いと思います。
骨壺は、関東は7寸、関⻄は6寸が一般的に使用されているサイズです。
弊社から発送される送骨梱包キットは、8寸まで対応しております。
ほとんどの方が、8寸までで対応可能です。万一、8寸以上の方は事前に相談ください。
お墓のなかにあった遺骨は、依頼できますか?
弊社では、基本的に埋葬されていないご遺骨が対象になります。
お墓に入っていた場合、ご遺骨が水分を含んでしまう為、粉骨時に大変手間と時間がかかる為です。
しかし、埋葬済でもご遺骨の状態が、問題なければお受付可能です。
粉骨した遺骨の色は、白いのですか?
弊社では、お遺骨をそのまま粉骨する自然粉骨方式です。
お遺骨そのままの色味(ややグレーぽい色)になります。
骨壺や骨箱等の廃棄は処分してもらえますか?
はい。こちらで無料で処分致します。
故人様が特定されないようお名前など個人情報は消去した後に粉砕し、専門業者に依頼します。
いつ粉骨が行われるのですか?
自然粉骨は、弊社にご遺骨が到着してから5日以内に行います。
一部、海外で散骨をしたいのですが、粉骨すれば問題ないでしょうか。
粉骨すれば、問題なく海外に持ち出せます。
出国手続きの際に説明を求められる可能性があります。
説明出来るよう、死亡診断書及び埋葬許可証の英訳、または英訳を書き込んだものを携行して頂くことをお勧め致します。
粉骨するメリットはなんですか?
メリットは3つあります。
■メリット1
パウダー化することにより、体積が約3分の1になります。骨壺で保管する必要が無くなりますので、精神的負担が軽減されます。■メリット2
パウダー状になる為、散骨時に自然に還りやすくなります。

■メリット3
手元供養や、散骨など選択肢が増えます。

よくある質問TOPに戻る

自然散骨について

散骨は違法ではないのですか?
現在、日本では墓地・埋葬に関する法律は、「墓地、埋葬等に関する法律」と「遺骨遺棄罪」刑法190条があります。
法務省では、「節度をもって葬送の一つとして行われる限り違法ではない」という見解がでており、また厚生省では、「墓地埋葬等による法律(墓埋法)第4条はもともと火葬や遺体の埋葬(=土葬)や遺骨の埋蔵を対象としていて、散骨という撒(ま)く葬法は想定していない。」
との見解が出ております。そのため、法的な問題はなく違法ではありません。
散骨を行うにあたり、役所などへの手続きや申請は必要ですか?
特に役所への手続きや申請は必要ありません。
しかし埋葬済のご遺骨を散骨する場合は、役所にて【改葬許可証】の取得が必要です。
また埋葬許可証を紛失されている場合も、役所にて再発行の手続きが必要です。
散骨を依頼するタイミングは、いつ頃がよいのでしょうか。
散骨のタイミングについては、特に決まりはございません。
火葬後すぐに散骨を希望される方もいらっしゃいますし、自宅で数年安置してから散骨を希望される方もいらっしゃいます
故人の遺品も一緒に撒いてもらいたいのですが。
散環境汚染に繋がる為、遺品などをお預かりして海に撒くことはできません。
森林自然散骨を行う場所が非公開となっていますが、なぜですか?
非公開の理由は下記です。
理由)
森林自然散骨される土地の近隣住⺠の方への配慮が非公開の最大の理由です。
弊社所有の森林は、近隣にお住まいの方がいない水源に影響のない土地ではありますが、都会ではなく自然に囲まれた地域です。現地に向かう道中には⺠家も存在します。
地元ナンバーで無い車で現地に来ることだけでも目立つような地域です。
複数の方が喪服姿で集まること。現地で線香や手を合わし、花を添えること。
これらの行為は、近隣の方への心情としては受け入れできないと思います。
森林自然散骨の難しさはこのあたりにあります。
森林自然散骨はお墓とは違い、
1)特定の場所に依存せず
2)特定の場所に保管せず
3)自然環境に戻す
という行為です。
特定の場所に遺族の意識が縛られることは従来の墓と変わりません。弊社サービス【LifeTogether】は自然粉骨-手元供養-自然散骨の一体サービスです。散骨個所を特定することを譲れない方は残念ですが、【LifeTogether】の申込は難しいと思います。
散骨後にお参りされたい方には、≪自社運用船による東京湾散骨≫をお勧めします。
東京湾で散骨を行いますので、おおよその散骨場所がわかります。
いつ散骨されますか?
自然散骨は弊社にご遺骨到着後、7日以内に行います。
散骨をしていただく日にち、あるいは月とかは指定とかできますか。
散骨日時の指定はできません。月の指定は可能です。
森ではなく、海に散骨することはできますか?
自社運用船による東京湾散骨をご用意しております。東京湾で散骨を行います。
おおよその散骨場所がわかる為、散骨後にお参りされたい方にはお勧めです。
『ラストメッセージ・シート』とはなんですか?
弊社より発送される送骨専用梱包セットに同梱されます。A4サイズ(白色)の水溶性の紙シートです。
故人への最後のメッセージとして遺族が記入できます。Life Togetherスタッフが、自然粉骨したパウダー状の遺灰とともに、自然散骨時に自然に帰すことができます。
環境に配慮した水溶性シートです。追加費用は発生しません。
散骨完了後、証明書はもらえますか?
散骨が無事完了すると、散骨証明書を発行致します。
自社運用船による東京湾散骨の場合、散骨した場所の詳細(緯度・経度)や、当日の写真も添付しております。
散骨証明書は、申込者の住所とは違う住所に送付してもらいたいのですが、可能ですか?
申込フォームの『ご遺骨安置先住所』でその他を選択して頂き、住所を入力してください。
その住所宛に散骨証明書を発送致します。
散骨証明書をメールと郵送で送ってほしいですが、対応できますか?
はい。対応可能です。
東京湾に散骨後、後日お参りはできますか?
はい、可能です。散骨後に発行する「散骨証明書」に、散骨を行った位置の緯度・経度を記載しておりますので、詳細な場所をご確認頂けます。
後日、陸地よりお参りされたい場合は、下記ポイントがお勧めです。【お参りポイントA】羽田空港(第2ターミナル展望デッキ)
【お参りポイントB】東京ゲートブリッジ(若洲昇降タワー9F展望台)
【お参りポイントC】東京ディズニーランド(ディズニーリゾートライン)
東京湾に散骨する場合、散骨場所は指定できますか?
申し訳ございません。
散骨場所の指定はできません。
散骨場所はコチラで確認できます。
遺骨は全て散骨したほうがよいでしょうか。
全て散骨される方もいらっしゃいますし、手元供養用や分骨用に、一部残される方もいらっしゃいます。
一部遺骨を残されたい場合は、申込み時に【一部ご遺骨の返送の有無】にて【返送を希望する】選択してください。
粉骨後、一部のご遺骨を返送致します。
申込みから散骨されるまでの流れを教えてください。
流れは下記です。
1)弊社HPより申込み手続きを行います。【お客様】
2)ご精算【お客様】
3)送骨セットを発送します。【LifeTogether】
4)ご遺骨と必要書類を送骨セットに入れて発送【お客様】
5)ご遺骨の受け取り【LifeTogether】
6)ご遺骨受け取りから5日以内に自然粉骨【LifeTogether】
7)ご遺骨受け取りから7日以内に自然散骨【LifeTogether】
8)散骨証明書の発行【LifeTogether】
こちらでも詳細ご確認頂けます。
散骨は、個人で行ってもよいのですか?
時点では、個人で行う散骨についての法的な規定はありません。
しかし、遺骨をそのまま遺棄した場合などは、法律違反になりますのでご注意ください。
刑法第190条に「死体損壊等」の条文があります。
「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、3年以下の懲役に処する」
遺骨ははそのままの状態ではなく、必ず粉骨(パウダー化)することや、周辺に迷惑をかけないなど、自主的なマナーやルールに基づき行う必要があります。
また自治体によっては、条例などで規制されている場合がありますので、事前に確認することをお勧めします。
自分が亡くなった場合、散骨を希望していますが、実際に散骨が行われるか不安です。みなさんどうされているのでしょうか。
最後は、遺族の判断になる為、生前のうちのご家族と、死後のことについて話しあっておくことが一番重要です。
故人の意思を実行してもらう為の手段としては、下記が挙げられます。参考にしてください。■遺言作成(自筆証書遺言)
自筆証書遺言は無料です。
散骨など自身の葬儀についても、自筆証書遺言に記載することができます。
生前のうちに自分の意思を残す手段の一つとしては、お勧めです。

■自治体は行っている終活支援策
自治体によっては、葬祭業者との生前契約を支援する取り組みや、遺品整理など死後の手続きをサポートするサービスを行っているところもあります。
一度、自治体に確認してみることをお勧めします。

■死後事務委任契約
亡くなった後に、死亡したことの家族や友人などへの通知や、散骨など葬儀に関することなど事務的な手続きを行うことを約束した契約のことをいいます。
行政書士などと生前のうちに契約する必要があります。

散骨を依頼した場合、季節によって散骨できない時期はありますか?
季節関係なく、実施致します。ご安心ください。

よくある質問TOPに戻る

その他

以前は19,800円だったと記憶していましたが、値上げしましたか?
2018年10月1日より値上げ致しました。
2017年7月1日からサービス開始をしたLifefTogetherですが、計画していた受注数に足りませんでした。1回の出航で複数のご遺骨を散骨することで、固定費をカバーできると考えていました。
2018年秋現在、散骨をする方は、弊社が当初考えていた程はいない。という結論に達しました。
サービス停止も考えましたが、1柱のご遺骨でもしっかり提供できる高品質のサービスに変更しようとサービス価格の改定を決断しました。
今後、数を追わないサービス内容にバージョンアップし、散骨をお考えの皆様の期待に添えるサービスに致して参ります
インターネットの使えない叔父の依頼で、資料を請求したいのですが、粉骨や散骨など個別の資料はありますか?
はい、ご用意しています。
コチラから、希望の資料が請求できます。
下記より選択できます。・サービス全般
・自然粉骨
・自社所有船による東京湾散骨
・森林自然散骨
クオリティ散骨とはなんですか?
自然に還る39,800円の散骨支援サービス【Life Together】は、サービス品質の向上の為に、『1日3人までのクオリティ散骨』を実施しております。
クオリティ散骨とは、1日の受付件数を3件に限定することにより、サービス品質を向上させる取り組みです。経緯:
完全自社運営で粉骨から散骨、手元供養までを税別39,800円で行うLifeTgetherは、2017年に産まれたサービスながら多くの問い合わせを頂き、我々の想像をはるかに超えた自然散骨を執り行い多くの経験を致しました。
しかしながら、問合せ頂いたお客様には、39,800円と聞いてどうしても『安かろう、悪かろう』というイメージを拭いきれない方もいました。
自分たちは、これでも企業としてしっかりサービスを続けていけるという自信のもと、価格設定をしています。
悪かろうのイメージがついて続けていける筈がありません。
我々は、2018年、『クオリティ散骨』という言葉を自分自身に問いかけて実践していきます。
具体的には、1日お引き受けするのは3人迄。サービス品質をキープするのはこれが精一杯です。
メールでのお問合せ、日本橋郵便局の局留め宛に郵送されたご遺骨の引き取り、1体毎の心を込めた自然粉骨。
自社所有船の海洋散骨、所有山林での自然散骨。どれもこれも手抜きはできません。
少数精鋭でやっていますので無駄なコストは1円もありません。
考えに考えて1日3人迄、お引き受けしようと決めました。
誠に恐縮ですが、2018年1月1日以降のお申込みから『1日3人までのクオリティ散骨』を開始いたします。
ホームページや運営者日記、サイトの更新。多くの情報を開示して散骨という文化を広めて参ります。
LifeTogetherの姿勢をしっかり理解して頂いたお客様にしっかり向き合いたいと考えています。
供養実務士とはなんですか?
LifeTogetherでは故人様に対し般若心経を読経し、供養申し上げます。
その際、弊社スタッフである供養実務士が執り行います。供養実務士は宗教教義を押し付けたり、
お布施をいただくなどの行為や考えを徹底的に取り除き、御遺族の気持ちに寄り添い故人様への供養
という行為のみ行う実務スタッフのことです。供養実務士が供養申し上げるタイミングは下記です。

・自然粉骨したすべてのご遺骨に対して
・自然散骨するすべてのご遺骨に対して
・お預かりしているすべてのご遺骨に対して毎月1回

コチラでも詳細確認できます。

散骨にあたり墓じまいを行う予定です。手続きはどうすればよいですか?
現在の墓地の管理者に、埋葬(納骨)証明書を発行してもらい、墓地のある市区町村の役場で、改葬許可申請書を発行してもらう必要があります。
コチラでも流れ確認できます。

よくある質問TOPに戻る