2018年4月

中国の墓地事情(2018年4月25日)

上海で墓地価格が高騰しているというニュースを見ました。

墓地を買うのではなく、郊外で家を購入し、そこで遺灰を安置しているケースも発生しているようです。

上海市の墓地の平均価格が1平方メートル当たり100万円を超えるている為、墓地は買わず、代わりに郊外で家を安く購入しているようです。

墓地用地の不足が深刻化しており、中国政府も散骨などの自然葬の普及を強化する方針のようです。

 

 

 

【LifeTogether】19,800円の手元供養のサポートサービス 海 散骨

 

 

 

 

 

ゼロ葬(2018年4月23日)

火葬後に火葬場から遺骨を受け取らない葬法です。
直葬は、葬儀をせずに、火葬のみで済ませますが、
セロ葬は、遺骨も受け取らないというさらにシンプルな
葬法です。

・自治体によって受け取り拒否できない場合がある

自治体によっては焼骨の引き取りについて
そのまま火葬場に置いていくことができないところ
もあります。事前に自治体に確認する必要があります。

 

・ゼロ葬を実現させるには?

散骨も同様ですが、実際ゼロ葬を実現させるのは
遺された家族です。
生前のうちに、しっかりと話しあっておく必要があります。

 

・ゼロ葬を行った場合のご遺骨はどこへ?

専門業者が、有害物質の除去を行い、
粉末化し、火葬場内の専用施設や地面への埋蔵、自
治体の墓地や寺院に埋葬されるようです。

 

【LifeTogether】19,800円の手元供養のサポートサービス 海 散骨

直葬 (2018年4月17日)

近年、急激に増えている葬儀で【直葬】というものがあります。
通夜や葬儀・告別式を行わず、火葬のみを行う葬儀です。
故人とのお別れは、火葬炉の前で簡単な形で行われます。

一番のメリットは、時間と費用を抑えらえることです。

葬儀も多様化しています。
直葬後に、散骨手元供養を希望される方も増えています。

世間体ではなく、故人の意思や家族が、故人を思う気持ちが
一番大切です。

事前にご家族で話しあってみては如何でしょうか。

 

【LifeTogether】自然に還る19,800円の散骨支援サービス 海 散骨

死後事務委任契約と散骨(2018年4月11日)

死後事務委任契約】とは、亡くなった後に、死亡したことの家族や友人などへ
の通知や、散骨など葬儀に関することなど事務的な手続きを行うことを約束した契約のことをいいます。

死後の手続きの準備として、遺言書もありますが、法的拘束力がないため、遺言
書だけでは、散骨など死後の手続きの実現は難しくなります。

頼れる親族がいない方や親族も高齢なので頼れるか不安な方などが、生前のうち
に、契約される方が増えているようです。
行政書士など士業がサービスとして、提供しています。

具体的な【死後事務委任契約】の手続き内容の事例です。

■死亡直後に必要な手続き
葬儀社への連絡や葬儀の手配、関係者への死亡通知、死亡診断書の受領、死亡届
の提出、火葬許可の取得等
■葬儀・火葬の手続き
喪主として、葬儀・火葬・収骨まで執り行います。
■埋葬や散骨の手続き
生前の希望に沿って、散骨や埋葬などの手続きを行います。
■行政機関への資格証明書などの返納手続き
免許証や保険証などの返納手続きを行います。
■勤務先企業への退職手続き
退職に伴う各種手続きを行います。
■入院費や施設利用料などの精算手続き
精算や解約の手続きを行います。
■公共料金等の解約・精算手続き
電気・水道代や携帯電話代などの精算・解約手続きを行います。
■納税手続き
住民税など未払いの納税手続きを行います。
■SNS.各種アカウントの手続き
各種アカウントの削除手続きを行います。
など。。。

 

死後の事務手続きは、想像以上に多いですね。
事例の中で必要な項目を抜粋し、契約できるようです。
特に親族に頼らない場合は、生前うちに決めておいたほうが
よいですね。
また死後、お墓は不要で散骨を希望される場合は、
死後事務委任契約】を生前のうちに結んでおくことをお勧めします。

 

【LifeTogether】自然に還る19,800円の散骨支援サービス 海 散骨

 

 

 

 

 

クローズアップ現代 墓じまい(2018年4月10日)

昨日、クローズアップ現代で墓じまいを取り上げた番組が放映されていました。

新たに墓を作る数よりも、墓じまいで墓を撤去する数のほうが上回っている霊園もあるようです。

少子化や核家族化など、環境が変わり、今までのように墓を守り続けることが困難になっているのですね。

 

供養方法も多様化しています。

 

LifeTogetherでは、手元供養散骨など、皆さまのライフスタイルに合った供養方法を提案していきます。

 

【LifeTogether】自然に還る19,800円の散骨支援サービス 海 散骨

LifeTogether: ゴールデンウイーク期間中のお休み(2018年4月3日)

LifeTogether:5月3日(木)~5月6日(日)まで
休業期間中は、サポート業務をお休みとさせて頂きます。
各種お問い合わせについても、休暇明けの対応とさせて頂きます。

散骨や、家族船などの日程も、休暇期間中は指定できませんので、

ご注意願います。