2018年2月

日本の火葬率は99%(2018年2月20日)

日本の火葬率は、99%といわれており、火葬が当たり前の認識ですが、国によってかなり違いがあります。

アメリカやヨーロッパは、まだ土葬が多いといわれています。

宗教によりかなり違いがでるようです。

しかし、最近では土地不足などの問題で都市部などでは、火葬率が高まっているようです。

 

しかしスウェーデンでは比較的早いタイミングで、火葬がひろまり散骨も行われているようです。

火葬を早くから取り入れている国は、散骨の歴史も長く、早くから葬送として認められている傾向があります。

日本の火葬は、まだ約70年ほどと言われてますので、これからどんどん変わっていく気がします。

 

【LifeTogether】自然に還る19,800円の散骨支援サービス 海 散骨

 

 

散骨の適正価格(2018年2月13日)

お客様より、

『この価格で本当に大丈夫なのか?』

とよく聞かれます。

 

LifeTogetherでは、ご遺族様にできるだけ負担がかからない価格に設定しております。

粉骨、散骨、手元供養用含め、19,800円は、適正価格と考えております。

 

今後も19,800円は値上げせず、さらに付加価値を付けてサービス提供してまいります。

 

 

【LifeTogether】自然に還る19,800円の散骨支援サービス 海 散骨